2004年11月08日

フンメル:トランペット協奏曲/Trp.ダヴィット・ゲリエ,ファブリス・ボロン指揮北ドイツ放送フィル

昨夜NDRで放送されたもの。

  1. ロッシーニ:歌劇「どろぼうかささぎ」序曲
  2. フンメル:トランペット協奏曲ホ長調
  3. ビゼー:交響曲第1番ハ長調
  • Trp.ダヴィット・ゲリエ
  • ファブリス・ボロン指揮
  • 北ドイツ放送フィル(NDR Radiophilharmonie)

[2004-09-02収録]

指揮者の名前の読みは、たぶんこんな感じに読んでいた気がする。オケは大植氏と来日したハノーファーのオケだと思うが、Hannoverの表記がないので自信なし。

さて、ダヴィット・ゲリエは先日のウィーン・ブラスでの強烈な印象が残っているだけに、とても気になったコンサート。フンメルのみ聴き終わった。NDRはビットレートが低いため、細かな音色はわからない。それでも、芯が太いがアタックの柔らかい音色はわかる。また通常へたり気味になる、たまに出てくる低音もよく鳴らせている気がした。ライヴとはいえ、技術的に怪しかったのは、跳躍で一カ所あったくらいの完璧な演奏。

ただ、気になったのはテンポ設定。全体に遅く着実な音楽の作りで、それはそれで素朴なのだが、第1楽章などは推進力が失せているように感じた。もっとも素人のように、吹けないから遅いのではなく、音色と良く合った説得力のある解釈ではある。第2楽章も始まってすぐのトリルが無く、ただ音を伸ばすだけなのも、音色で勝負できるからこそのやり方かもしれない。第3楽章は遅いとはいえ、他が快速すぎるのだろう(付点のリズムが再現できない演奏が良くある)。

オケは可もなく不可もなく。遅めのテンポ設定でも前進できる伴奏ができれば、なおいいのかもしれない。

フンメルは番組表やアナウンスではEs-dur(変ホ長調)となっていたが、E-dur(ホ長調)の版で演奏していた。また、改めて聴いてみると、第1楽章のテンポ設定自体はそんなにめずらしく遅いわけでもない。なので伴奏の重さかも。第3楽章はめずらしい遅さだけど。
posted by あさがら at 19:35| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■世界のホールから:今日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。