2008年03月27日

▼イビチャ・オシム退院とW杯3次予選バーレーン戦

25日だが、イビチャ・オシムが退院し、メッセージが紹介されていた。全文が載っているのは、このあたり。
MSN産経ニュース:「日本の進歩は常に関心事」 オシム前監督メッセージ
http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/080325/scr0803251828004-n1.htm
各所に感謝しつつ、素直でない表現は健在。
最後にはみなさまへのお願いとして、
『スタジアムに足を運び、選手たちに大いにプレッシャーをかけてください。もっと走れ、もっとプレースピードを速くしろと。そして選手たちがよいプレーをしたときには大きな拍手を与えてくださるように。』
とある。相変わらずの日本サッカーへの愛情に感激する。
まだまだリハビリは続くが、退院ということで、やっとここまで来たと安堵した。K淵氏は「こどもたちのために」というオシムの言葉そのままに、ユース世代の指導を、などと言っているので、しっかり話をして決めてほしいものだ。単純にユース代表の指導となってしまうと、A代表との内容の連携をどうするのか、など。
さて、そのA代表は3次予選でバーレーン戦。半分寝ながら見たが、まずい内容だったなぁ。
posted by あさがら at 07:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。