2004年10月26日

弥生練習(10/24)

今回もお話を頂き、最初の練習参加。

エキストラといえども、伊福部を考慮して早い時期から参加してほしいという要請は、個人的にもありがたい。今後も、毎回参加ではないが年内は月1くらいで参加させてもらう。

伊福部はスコアがないので、パート譜とCDで準備していったが、やはり全オケの中で吹くと、わからなくなってしまい、何度も迷惑をかけてしまった。スコアも入手して、どうにかできるようにしておかないと。

Trb.Tub.はアシスタントも含めて全員(5人)揃ったのだが、終楽章の最後などまだまだ求められる音量に達していない。パート内で振り分けも確定していないので、人数が多くとも効率が悪いだけにしかなっていない。もともとブレスが不可能な譜面なので、工夫して効率を上げなくては。

前の方の楽器の人数が少ないのではと気にして参加したが、伊福部はあまり気にならなかった(余裕もなかった?)。シュトラウスは、音楽の作りがああなので、もちろんこの編成でも十分に伝わる。

posted by あさがら at 17:50| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ◇音楽:トロンボーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

弥生練習。
Excerpt: 今日は弥生の練習。 金管楽器はほとんどそろっていたけど、弦楽器は出席者が少なくとても残念。 こうもりは譜面の間違いを直すために音楽的なことはちょっと置いておいて練習。 2ndの譜面もいくつか..
Weblog: kaorina。の鬱ルン♪です!
Tracked: 2004-10-28 23:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。