2004年09月23日

母親&父親学級

21日は休暇を取り、自治体の開催する母親&父親学級に参加してきた。全3回で構成されており、第2回・第3回は父親も可能なら参加して下さい、となっていた。その第3回に参加。沐浴やおむつ交換の実習もあるのにひかれた。
かみさんに事前に聞いたところによると、第1回の時から住所が近いようにグループ分けもなされており、ママさん仲間もできつつあるらしい。前回は父親の参加は少なかったが(私も都合が付かず不参加)、今回は3分の1くらいの父親が参加していた。
先輩ママの体験談に続き、夜泣きの場面等を想定したグループワークなど。私は睡眠時間短くても平気な方だし家が狭いので、夜泣き時に自分だけ寝ていることはなさそうだが、一般的には仕事に差し支えるので起きるわけにもいかないようだ。現実的な意見としては、夜は寝る代わりに帰宅してからの時間をがんばる、というものが多かった。
しかし私の組(父親だけ集めた組にされた)には、事情で育児経験のある方がおり、その人の体験談を興味深く聞いた。発表はしなかったが、そこで得た視点としては“必ずしも夜泣きするとは限らない”ということだ。そこの子は夜はよく寝て、夜泣きで困ることはあまりなかったとのこと。
結局、子どもによってさまざまなので、いまからいろいろ考えても、その通りになるとは限らない。あまり気負わない方がよいとのことだった。
沐浴実習やおむつ替え体験は面白かった。いずれ嫌でもやらなくてはいけなくなるのだろうが、今は楽しみであるし、実際に行ってみて実感も湧いてきた。
開催側として父親へは、無関心な父親を少なくしできるだけ興味を持ってほしい、というスタンスであった。(沐浴実習も父親は全員。母親は時間の都合で希望者のみが実際に行えた)。育児に無知・無関心な父親も世間には多いため、そのようなスタンスもわからなくはないのだが、ここに参加している父親は関心が高い方で(実際積極的な方が多かった)あまり心配はいらないだろう。むしろ、参加していない層への働き掛けがもっと必要なのだろう。
会場となっていたのは“保健センター”という施設で、新生児に限らず住民の健康にいろいろ関わる施設だ(予防接種や健康診断の会場)。立地が不便な所で施設もあまり立派なものではない。明らかに予算が少なそうに見えた。時代の流れで高齢者ケアにはいろいろ予算をつぎ込んでいるようだが、それに負けないくらい出産にもまわしてほしいものだ。少子化とはいっても、このように集中する場所へいくと、結構いるものなのだと感じる。
posted by あさがら at 23:54| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ◎父親見習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
父親学級ですか。チャクチャクと準備進んでますね。
べつに、父親学級を否定するつもりはこれっぽっちもありませんけど、耳学問とはよく言ったもので、いくらいろいろ勉強していても、実際の体験は想像を絶するものですヨ。

最初に、ウンチを交換するときは、ニオイに耐えられなくて、モドしそうになりました。実は、まだ新生児だからニオイなんてたかがしれてるんですが。。。
(だけど慣れとは怖いもので2回目からは、平気で替えられるようになるんですけどね。)

いろいろ経験して、がんばってください。
Posted by sakag510 at 2004年09月24日 21:38
いつもコメントありがとうございます。

そうなんですよね、いま頭でっかちなのはわかっています。
とはいえ母親と異なり、この段階で父親はあまり実感がないですし。
期待と不安が入り交じっての、あれこれ思いめぐらし、なのでしょう。おそらく。

おむつ替え実習もさすがに、臭いはしなかったからなぁ…。

まあ、期待しすぎて実際の苦労でがっかりしたり辛かったりにはあまりならなそうですが。どちらかというと、あまり気にしない性格なので、むしろ意識して考えるようにしてるところです。
Posted by あさがら at 2004年09月25日 15:25
父親学級ってこういうことをするんですか〜。私は行かなかったので知りませんでした。実はkaorina。も母親学級に行ってなくて,出産時に産院で驚かれていました。
私の子供は泣き声がでかかったので,夜泣きするとけっこう大変でした。kaorina。は起きないので,私がいちいち起きておむつ変えたり,ミルクやったりしていましたね。それに,大が出るとkaorina。は必ずこみ上げてしまうので,処理はほとんど私の担当。いまだに大が出ても戻しても,臭い系は私の担当です(^^;)。
予備知識があると良いこともあるんでしょうけれど,実際やって会得するのが一番ですね。父親にできない(=私がやってない)のは母乳を直接与えることだけです。(たぶん)
Posted by ひげぺんぎん at 2004年09月26日 15:54
>予備知識があると良いこともあるんでしょうけれど,実際やって会得するのが一番ですね。
そうですね。ちゃんとできるか不安もなくはないですが、まあどうにかなるでしょう。

>父親にできない(=私がやってない)のは母乳を直接与えることだけです。
blogを読んでいてもそう思いました。すばらしいですね。

臭い系>
自分のなら平気なのですが、そうもいかないのですかねぇ。
できるだけかがないようにする、というのも手かもしれませんが、健康チェックのためにはあまり遮断するのも良く無さそうな気もします。
Posted by あさがら at 2004年09月27日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。