2004年09月14日

Philippe Herreweghe, Orchestre des Champs-Elysees:BRUCKNER Sinfonie Nr.5 B-dur

HMFから交響曲第7番を出したこのコンビだが、今は丁度5番を演奏している時期のようだ。
Musikfest Bremen 2004での9/12(@Die Glocke)の演奏を、DeutschlandRadio Berlin(mp3 48kbps)が中継。例のKlaraFestivalでも9/14(@Paleis voor Schone Kunsten)の演奏の中継がある予定だが、気になるので聴いた。ややレートが低いのが気になるが、それは後のKlaraで補えそう。
  1. マーラー:亡き子をしのぶ歌
  2. ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調
  • アンドレアス・シュミット, Bar.
  • シャンゼリゼ管弦楽団
  • フィリップ・ヘレヴェッヘ
ブルックナーの一部を聴く。レートが低すぎて、金管楽器の音色感はちっとも掴めない。これはKlaraの放送に期待。それでもテンポの持っていきかたや、弦の刻みのバランスは独自のものがある。
tuttiでのコードの後に、高弦の刻みが残る場所があったのだが、かなり抑えて透明な響きにしており、何とも言えない残響感があった。
個人的にはトロンボーンセクションの音色が気になるところだ。1番はアルトの指定だが、現代オケの場合、よほどコダワリがあるトコ以外は、通常テナーで吹いている。オクターヴユニゾンはさほど変わらないのかもしれないが、コードのアルト音域の音色はもっと明るくて良いと思っているので。ピリオド楽器なら、もちろんアルトを使用しているはずだ。
posted by あさがら at 18:04| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ■世界のホールから:今日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、コメントつけさせていただきます。

Philippe Herreweghe, Orchestre des Champs-Elysees:BRUCKNER Sinfonie Nr.7 のCDのライナーノートによりますと、トロンボーンは Heribert & Jurgen Glassl のクーンモデルを使用と書いてありましたよ。

トップがアルトトロンボーンどうかは不明ですが・・・。
Posted by KAZUO at 2004年09月14日 18:22
KAZUOさん情報ありがとうございます。
グラッスルだとアルトのイメージが強いのですが、
クーンモデルだとテナーのような気もしちゃいます(YAMAHAのウィンナ・モデルもこれを参考にしたのでしたっけ?)
Posted by あさがら at 2004年09月14日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

タイマー失敗
Excerpt: いつも起きているわけにもいかないので、古いWindowsノート機(Windows95)を引っ張り出した。来月からはもう少し新しい(Windows2000)ノートPCが手にはいるので、それまでの繋ぎに。..
Weblog: あさがらblog
Tracked: 2004-09-15 09:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。