2004年09月08日

複数カテゴリの指定がしたいところだ

他のシステムだと、複数カテゴリに対応しているところもあるが、seesaaはできない。記事を分けろ、ということかもしれないが。
チーム最多キャップ数を誇るベテランMFカレル・ポボルスキー(32)は、8月30日に愛娘とつかの間の休息を楽しんでいた。だが娘を「高い高〜い」と持ち上げた時に、背中に激痛が走った。この痛みが予想外に長引き、チームドクターは「回復までもう少し時間がかかる」とオランダ戦欠場を発表。
サッカーではベテランだが、同世代なので気をつけねば。といっても、いきなり子供が現れるのではなく、徐々に成長するのだから、それに見合う体力が付けばよいのだろうが。
 
もちろん本日の試合に関しての質問もあるが、中には
――日本のサッカーがここ10数年で力を付けたのはなぜか?(インド記者)
――鹿島アントラーズであなたが成功した理由は?(インド記者)
まあ、同じアジアとして参考にしたいこともあるだろう。しまいには、
――ブラジル代表の監督になるつもりはあるか?(インド記者)
――82年のワールドカップでPKを外したことについて、今はどう思うか?(インド記者)
――12万人収容のスタジアムに来てどう思ったか? マラカナを思い出したのでは?(インド記者)
ただのミーハーじゃん(笑)インドの試合よりも、サッカー人として神様ジーコと直接話せて感激!という感じか。まあ、悪意があって関係ない質問をしているわけではないので問題ないが。
ちなみに、いずれの質問にも真摯に答えている。この辺は人柄なのでしょう。デフォルトで質問をはぐらかすのに慣れていると、そこまで相手しなくともいいのでは、と思ってしまうが。
おなじみの宇都宮氏のコラムにもあるように、スタジアムもなかなかインド的で味わいのあるもののようだ。12万人収容可能だがサッカー熱は低く、満員にはならないのではという予想もある。
posted by あさがら at 12:48| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。