2004年08月19日

国際親善試合:日本1-2アルゼンチン、五輪男子サッカー:日本1-0ガーナ

同日に代表戦を2試合も真剣に見るのはツラい。そのためA代表戦は、やや流し見。スタメンも予想つくし。
最近はいつも右サイドの動きが気になって仕方がない。私がよく見ているサッカーの基準からすると、守備も攻撃も中途半端。ボールもらっても、怖がるようにすぐ返してしまう。本来なら、もっと右サイドからの攻撃があるはずなのに。要するに参加していない。
左サイドも、時折それはないだろうという動きがあるが、攻撃時に効果を発揮しているので仕方ないのだろうか。右サイドはそれすらないので、なぜ問題にならないか理解に苦しむ。あれなら阿部のがまともにできる(それも不本意だが)
五輪代表は、だいぶ吹っ切れた動き。監督も(すこし吹っ切れた)スタメン。しかし石川は最後までだろー、とか田中達ももっと早く投入、とかやっぱりイマイチ。
結局、阿部の上手な使い方もできなかったし。さんざん試して、右サイドかよ。阿部にも、メンバーから外れたDFにも失礼な話だ。言葉の端々に育成に主眼を置いていたことが伺えるが、人によってはそれすら果たされたのか疑問だ。
日テレの中継も最悪だった。試合後に監督のインタビューが入るところで、外に切り替わった。流せないのだろうか。監督の最後の言葉は、ぜひとも生で聞きたかった。
しかも試合会場外からのレポートは、観戦していた北澤氏に、試合終了後全速力で出てきてもらってのもの(話しながら息を切らせていた)。進行的には、終了より前に出てきてもらってのつもりだったのかもしれないが、それもサッカー人に対して、失礼な話だ。最後までちゃんと見てきたそうだ。
posted by あさがら at 12:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。