2004年08月17日

五輪男子サッカー:日本3-4パラグアイ、日本2-3イタリア

五輪サッカー男子は決勝トーナメントには進めない結果となってしまった。失点は多すぎるなぁ。
それでも、得点できたのを評価する向きもあるが、やはりセットプレーからの得点ばかりなので、根本的な得点力不足は改善されていない。
世間では、最終予選の感動(や一時期のジーコへの失望)から、山本監督への期待は高かった。それだけに、期待の裏返しの強い批判が出ているのは、少しだけ気の毒な気がする(まだ1試合残っているし)。しかし、『備忘録』にてトルシエ体制に批判的な記述も多かったため、今回も少なくとも同じように厳しく評価せざるを得ない。何よりも、選手達の能力を存分に発揮できていないのには、監督の、選手選考や布陣や交代も大きく関わっているのだから。
一部スポーツ紙では、最初FKを他に人に譲っていた阿部に対して、“どうしてベンチから言わないと、自分から蹴らないんだ”、と叱責したという記述があった(叱責は記者の主観だろうが)。自分が、と言う気持ちを持てと言う指摘はわかるが、あの中でそういう言い方をしたら、単にテンパって責任を転嫁した言いぐさに聞こえてしまう。
そもそも、小野にしてもトゥーリオにしても、後から監督が持ち込んだものだ(もちろんFK以外の要素を期待したのだろうが)。FKキッカーとして信頼しているなら、最初から明確に阿部が蹴ると定義してくれれば良いだけだと思うのが。
結果論としては、特にOAのキーパーが飛び抜けた役割を果たせていない(特に声出し)のは、予選を戦ったGKはやりきれない想いだろう。
『備忘録』では、試合中に混乱した選手交代をしようとする監督から選手を守るために、いろいろ手を尽くして時間を稼ぎ(交代用紙に記入する担当だったため)、気が変わるのを待った(のは自分の手柄だ)みたいな記述があった。まあ、冷静な目があったから上手くいった、というのは事実だろうと思う。
今回は、そういう冷静な役割のスタッフがいなかったのだろうか。奇策とも言える素早い交代策を見ると、そう思える。スタッフ全体でのチームワークの良さによる、仕事のやりやすさはプラスに働いたのだろうが、本番では混乱具合はむしろ山本監督のが上待っていただけに、よりいっそう冷静な目が必要だったのではないか。
協会側は、五輪後のA2代表(要するにB代表)を山本氏に任せる構想があることを(このタイミングで)明かした。2年間の準備の結果がこれでは、監督の求心力はとても落ちていると思うので、無理であろう。(本人も辞退すると思うのだけど)
女子サッカーとの比較だけでなく、他の五輪競技と比べても、これだけの期間と資金を強化につぎ込んだものはない(もちろんドイツW杯のためだからできるのだけど)。それだけに、この結果は恥ずかしい。
最後に、石川の言葉には救われた。是非とも活躍して欲しい。
posted by あさがら at 10:42| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。