2005年06月13日

■Rüttihubeliade 2005でのパトリツィア・ コパチンスカヤ

坂本くんさんのエントリーにコメントしようと思い、パトリツィア・ コパチンスカヤの公式サイトを「先月はヘレヴェッへと共演だったかな?」などと見てみたら、年末の気になる活動を見つけた。Rüttihubeliade 2005という室内楽の音楽祭で、スイスのRüttihubelbadで行われるらしい。(そもそも読み方もわからん)。Künstlerische Koordinationとあるのは、コパチンスカヤがメンバーを集めたり、プログラムを考えたりているのでしょうか。もともと仲良しのソコロフを始め、なかなか興味深いラインナップなのですが、どれかスイスの放送局(*1)で中継やらないかなぁ。以下に主なものを抜き出してみた。

2005-12-26 夕方 シューベルトの八重奏
2005-12-27 夜  ベートーヴェンの弦楽四重奏
2005-12-28 夜  フランセの八重奏やブラームスのピアノ五重奏
2005-12-29 午後 おさるの王様またはバナナ共和国?(*2)
2005-12-29 夜  ヴィヴァイルディの協奏曲やショパンのピアノ協奏曲[室内楽版]
2005-12-30 夜  シューマンのピアノ四重奏
2006-01-01 夜  “音楽動物園”−ビーバーの描写的なソナタ(動物多数)、おなじみ?リド:雄牛のフェルディナンド、そしてサン=サーンス:動物の謝肉祭
2006-01-02 夜  モーツァルトのピアノ四重奏やピアソラ:ブエノスアイレスの冬

特に新年早々の動物ものは楽しそうですね。


*1 スイスは各公用語ごとに放送局があるので、少しは確率が高いかな。ただ、年末〜年始なので生中継は難しいか…。
*2 絵本とか児童文学が原作なのでしょうか。ソコロフの作曲・指揮によるアンサンブルだとか。
posted by あさがら at 19:30| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ■世界のホールから:聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あああそうでしたね。以前コパチンスカヤのご紹介されてましたね。

普段はあんまりやらないんですが、たまたま酒によってたので、あそびで、「番組表wiki - 海外ラジオの音楽番組をオンライン放送で聴こう@クラシック板」番組投稿ボランティアをしてたんですが、

06月11日(土)
03:03-05:05 20:03-22:05  NRK コンサートホール ヨーロッパ
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調
ショスタコーヴィチ:ムツェンスク郡のマクベス夫人 から 組曲
ルトスラフスキ:管弦楽のための協奏曲 
シュツットガルト放送交響楽団
アンドレイ・ボレイコ指揮(同オケ指揮デビュー)
パトリシア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン)
(独シュツットガルト  リーダーハレ ベートーベンザール から生中継)

っていうのを入力しながら、どっかで聞いた名前だなぁとおもってましたが、"酔ってたもので”頭が回りませんでした。
お聞きになられましたでしょうか?
Posted by sakag510 at 2005年06月13日 20:14
情報ありがとうございます。SWRは放送録音があったと公式サイトにもあったのですが、WebRadio的にはSWRは縁が薄いので見落としていました。
いずれにせよこの週末はNRK全滅でしたが。そろそろoggをあきらめて他のタイプにした方が、良いのかもしれない。oggストリームは流れが悪くなるとすぐ切れてしまいますねぇ。音質はクラシック向きなのですが…。
Posted by あさがら at 2005年06月13日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ビーバー
Excerpt: ビーバービーバー科生物の分類|分類界: 動物界 :en:Animalia|Animalia門: 脊索動物門 :en:Chordata|Chordata亜門:脊椎動物|脊椎動物亜門 :en:Verteb..
Weblog: 動物辞典
Tracked: 2005-07-07 16:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。