2005年06月11日

▼チューリップの中にサッカーボール(WYCオランダ2005開幕戦)

日本ユース代表、初戦の相手は開催国オランダ。とても響きの良いスタジアムで完全アウェーの歓声。ただ、外国クラブチームの応援チャントの野太い声のイメージとは異なり、子供の声援も多く含まれていた。
前半はオランダが飛ばして攻めて来たため防戦一方。特に錦糸長兵衛(Quincy OWUSU ABEYIE)の突破にはてこずっていた。4〜5人ふりほどくようなドリブルの後にゴールを決められてしまう。前半だけで2失点。
後半半ばからは飛ばしすぎたオランダの勢いは弱まる。そうなると、守備の連携も整って、攻撃の余裕が出てくる。守備で疲れてしまった本田に替えてやっと水野投入。今日は守備に追われているので水野の出番はないと思っていた(軽いので守備は信用されていない)だけに、オランダが弱まってくれてありがたい。入ってすぐのFKで平山にどんぴしゃのボールを蹴り、ゴールが決まった。さらに森本も入って、攻撃が活性化される。オランダのゴール前で勝負できる時間帯が増え、惜しいシュートもあったが結局2:1のまま終了してしまった。もうちょっとで追いつけた気もするが、前半に圧倒された分は取り戻せなかった。
オランダは優勝候補だけあって強いわ。リーグ戦、他の2チームもオランダに沢山点を取られそう。得失点差がより重要そう。勝ち点1をとれなかったが、得失点-1で済んだのはまあよい。
全体の感想:TBSでも、あまり気に障らないような中継もできるんだ。
オランダの太鼓の応援は両側から交互に聞こえて面白い。
#しかし、平山とレスリングの浜口親子(気合いダー、ドンキだー)は似ているものだ。
posted by あさがら at 07:19| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ▼サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ワールドユース・オランダ戦
Excerpt: 「オランダの 夏四人抜く 突破かな」  20歳以下の世界一を決めるサッカー・ワールドユースが開幕し、日本はホスト国のオランダと対戦し、1対2で敗れました。  前半は、クインシー選手に何度も..
Weblog: スポーツ俳句(スポーク)
Tracked: 2005-06-11 12:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。