2004年06月22日

今週[2004-06-21〜27]の放送の注目曲

今週のベストオブクラシックはヨーロッパの放送オーケストラ特集として4団体。それぞれ楽しみだ。

  • 6/21(月)ミュージックプラザ <前半フランスもの/後半シューベルト>
    • ドビュッシー:ピアノと管弦楽のための幻想曲(実質ピアノ協奏曲)をコラール+クリヴィヌ+リヨン管
    • フランク:交響曲ニ短調をヘレヴェヘ+シャンゼリゼ管

  • 6/21(月)ベストオブクラシック <ヨーロッパの放送オーケストラ(1)>
    • ユッカ・ペッカ・サラステ+デンマーク国立放送交響楽団
    • ニルセン:交響曲第2番“四つの気質”と交響曲第4番“不滅”の両方!
    • 間にボー・スコウフスのソロでマーラー:“最後の七つの歌”から

  • 6/22(火)ベストオブクラシック <ヨーロッパの放送オーケストラ(2)>
    • マレク・ヤノフスキ+ベルリン放送交響楽団でドヴォルジャーク:スターバト・マーテル

  • 6/23(水)ベストオブクラシック <ヨーロッパの放送オーケストラ(3)>
    • チョン・ミョンフン+フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団+フランス放送合唱団
    • ドビュッシー:夜想曲
    • スーザン・グレイアムのソロでドビュッシー:叙情的散文(オケ伴奏版)
    • 他デュティユー,フレデリック・デュリューなどオールフランスもの

  • 6/24(木)ベストオブクラシック <第1519回N響定期公演>
    • ヨアフ・タルミの指揮。協奏曲のソリストはジェームズ・エーネス(若くて格好いいらしい)
    • ボロディン:歌劇“イーゴリ公”序曲
    • 有名なだったん人の踊りなどと比べて、序曲は演奏機会が少ないが、交響曲2番などの雰囲気に近く好きな曲。

  • 6/25(金)ベストオブクラシック <ヨーロッパの放送オーケストラ(4)>
    • ウラディミール・ヴァーレク+プラハ放送交響楽団
    • ヤナーチェク:歌劇“利口な女狐の物語”組曲とドヴォルジャーク:交響曲第7番
    • ヤン・シモンのソロでリストはピアノ協奏曲第2番イ長調という渋いプログラム

  • 6/27(日)速報ロンドン交響楽団100周年記念ガラ・コンサート[15:00-18:00]
    • イギリス国家にはじまり、いろいろな人のいろいろな曲
    • コリン・デーヴィスはベートーヴェン:交響曲第5番から第4楽章 って、どこから開始するんだ?
    • ロストロポーヴィチ(指揮)は、五嶋みどり+ユーリ・バシュメットでモーツァルト:協奏交響曲からと、ショスタコーヴィチ:交響曲第8番から第2楽章
    • MTトーマスは、サラ・チャンとサラサーテ:カルメン幻想曲と、ラヴェル:ラ・ヴァルス
    • アントニオ・パッパーノはバーンスタイン:“キャンディード”序曲とコリン・マシューズ:ファンファーレ“ブラボーLSO”(新作)、ジョン・ウィリアムズ(Guit.)とアランフエス協奏曲から第2楽章
    • スーザン・グレイアムでモーツァルトのコンサート・アリア
    • リチャード・ヒコックスはアーサー・ブリスの曲とエルガー:エニグマ変奏曲から
    • LSOに欠かせない映画“スターウォーズのテーマ”はなんとダニエル・ハーディングが担当
    • 締めはコリン・デーヴィスでブリテン:青少年の管弦楽入門の最後のフーガ



posted by あさがら at 11:46| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■世界のホールから:聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。