2005年02月18日

指揮者マルチェロ・ヴィオッティ急逝

asahi.com(*1)-フェニーチェ歌劇場音楽監督のビオッティさん死去

asahi.com-フェニーチェ歌劇場のビオッティ音楽監督が死去、日本公演は予定通り行います

これから円熟が期待できる指揮者(*2)、という位置づけだっただけに、びっくり。享年50歳ということですから、ゲルギエフなどと同世代ですよね。まだまだこれなからなのに…。つい最近までオペラを中心に演奏が伝わってきていただけに、なおさら驚きです。昨年から今年にかけていくつかの演奏会を中継で聴きました。

  • 1/11:ウィーン響・ブッフビンダーとの共演でラヴェル:ピアノ協奏曲など[2004-12-13にMusiq3にて放送(*3)]
  • 6/11:北ドイツ放響でオネゲル:交響曲第3番とフォーレ:レクイエム[2005-01-17にRADIO4-NEDにて放送]
  • 9/28:ミュンヒェン放送管弦楽団・エカートシュタインとの共演でフランク:交響的変奏曲など[2005-01-26にBayern4にて放送]
  • 12/18:フェニーチェ歌劇場の「ラオールの王」[各局にて生中継]
  • 2/05:ウィーン国立歌劇場でのグルベローヴァとのノルマの初日[oe1にて生中継]

他には、2004-12-11のMETの「シチリア島の夕べの祈り」がキャンセルされたりとか。

ということで、9月のフォーレのレクイエムを聴いて追悼とした。

P.S.なぜか、『のだめカンタービレ』でヴィエラ先生が出てくると、ヴィオッティ氏を思い浮かべていた(*4)のですよね。


*1 主催公演のため、一般紙ながら早めの記事掲載なのでしょうね。
*2 私が最初に耳にしたのは、ザールブリュッケン放送交響楽団とのライヴの放送録音のいくつかです。たしか、日本から行った合唱団と共演した第九とかもあった。
*3 夕方の時間帯で、音飛び激しいが。
*4 別に顔も人柄も似ているから、と言うわけでもないしなぁ。多分名前が“ヴィ〜”というだけの理由だと思う。
posted by あさがら at 18:12| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(5) | ■世界のホールから:今日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。TBをありがとうございました。2月5日の演奏、いかがだったのでしょうか? 聴いてみたいです。NHKで放送してくれるとありがたいのですが…。未だにショックから抜け出せません(;_ _)。
Posted by じぃ。 at 2005年02月18日 18:38
はじめまして。ヴィオッティ氏のことは本当にショックでした。
こちらのブログ興味深く拝見中です。WebRadio番組表にNDR Kulturまであるのが嬉しく思いました。TBさせていただきます。
Posted by フンメル at 2005年02月19日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

哀悼 マルチェロ・ヴィオッティ
Excerpt: とても悲しいです(/_;)。マエストロのご家族の方々の悲しみははかりしれませ
Weblog: じぃの繰り言2005本館。
Tracked: 2005-02-18 18:41

マルチェロ・ヴィオッティ死去
Excerpt: フェニーチェ歌劇場音楽監督の指揮者マルチェロ・ヴィオッティさんが16日ミュンヘンにて亡くなったとのこと。今月初旬のウィーンでの公演が最後...
Weblog: えすどぅあ
Tracked: 2005-02-19 00:13

マルチェロ・ヴィオッティ急逝
Excerpt: フェニーチェ歌劇場の音楽監督で、5月に引っ越し公演の指揮をする予定だったマルチェロ・ヴィオッティ氏がミュンヘンで急逝とのこと。まだ50歳、早すぎる死でした。 フェニーチェ歌劇場音楽監督のビオッテ..
Weblog: les soupers du roi ubu
Tracked: 2005-02-19 00:22

マルチェロ・ヴイオッティ氏急逝
Excerpt: すでに沢山の音楽ファンの方が記事にされていることですが、指揮者マルチェロ・ヴィオッティ氏が2月16日ミュンヘンで急逝されました。死因は脳卒中、享年50歳。ウィーンでのノルマキャンセル以降「じぃの繰り言..
Weblog: ハンブルク日記+ドイツ音楽紀行
Tracked: 2005-02-19 21:14

追悼!マエストロ、ヴィオッティ
Excerpt: フェニーチェ歌劇場の音楽監督として活躍していたスイスで生まれたイタリアの指揮者マルチェロ・ヴィオッティ氏が亡くなられた。「脳の発作」ということらしいが、50才だった。早世と言ってよいだろう。 ローザ..
Weblog: 鎌倉・スイス日記
Tracked: 2005-02-20 18:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。