2004年06月07日

今週[2004-06-07〜13]の放送の注目曲

先週はベストオブクラシックが海外現代音楽特集でめぼしいものがなかった。

6/07(月)ミュージックプラザ
ワーグナー特集
  • コチシュのピアノによるエルザの大聖堂への行列とマイスタージンガー前奏曲
  • スウィトナー+ベルリン国立歌劇場によるタンホイザーの大行進曲と巡礼の合唱

6/09(水)ミュージックプラザ
ロシアもの特集
  • テミルカーノフ+サンクトペテルブルクでのキージェ中尉
  • アンセルメのグラズノフ 交響詩“ステンカ・ラージン”
  • ヒラリー・ハーンのストラヴィンスキー ヴァイオリン協奏曲

6/09(水)ベストオブクラシック・セレクション(再放送?)
野平一郎他によるブダペストの夕暮れ
  • ルーマニア民俗舞曲
  • ヴァイネルのハンガリー舞曲(Cl.+Pf.)
  • バルトーク コントラスト
  • バルトーク 弦楽四重奏曲 第4番
  • バルトーク 2Pf.と打楽器のためのソナタ(CD録音にて)

6/10(木)ミュージックプラザ
東京クヮルテット特集(近代系を中心に)
  • 山下和仁を加えてカステルヌオーヴォ=テデスコ ギター五重奏曲

6/11(金)ベストオブクラシック
第1517回N響定期公演 エマニュエル・クリヴィヌ
  • メンデルスゾーンを2曲(美しいメルジーネの物語と交響曲第5番)
  • ツェムリンスキーの人魚姫
  • とても良いプログラムで期待できる

6/13(日)海外クラシックコンサート
北ドイツ放送交響楽団今シーズンの公演から
  • デュティユーとシベリウスのヴァイオリン協奏曲
  • ショスタコーヴィチ 交響曲第8番(エッシェンバッハ)
  • ラヴェル編の組曲“展覧会の絵”(アラン・ギルバート)


posted by あさがら at 11:01| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ■世界のホールから:聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミュージックプラザ放送内容
Excerpt: 録音をチェックしてみた。発表されていたのと一部曲目が変更になっていた。(先日亡くなったニコライ・ギャウロフのアリアが最後に3曲追加) そのためか、コチシュのワーグナー・ピアノトランスクリプションは1曲..
Weblog: あさがらblog
Tracked: 2004-06-07 22:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。