2006年06月02日

■今日の生中継(20060602) NRK-AK,RADIO4-NED,oe1,RTSI,SR2-Kultur,Bayern4,(SR-P2)

欧州では今週末のペンテコステ(聖霊降臨祭)に向けて(月曜が祝日のところが多い)、定期演奏会というよりは、音楽祭。グリーグのペール・ギュントの終幕はこのペンテコステの時という設定になっている。だからベルゲン芸術祭が行われるのだろう。

フィンランド放送中継の日。でも外国ツァーで、しかも音質の良いNRKなので、前回同様フィンランド放送で失敗しても困らない。むしろ試行錯誤に良い機会だ。NRK-P2と同時放送なので、しばらくはアーカイブも残るので、さらに安心。演奏ももちろん安心して楽しめるものだ。

2006-06-02 19:30-22:05 (2006-06-03 02:30 JST) NRK-AK,NRK-P2,YLE1

  1. シベリウス:交響曲第1番 ホ短調作品39
  2. M.リンドベルイ:フェリア(Feria)
  3. シベリウス:交響曲第3番 ハ長調作品52
  • フィンランド放送交響楽団(Suomen Radion Sinfoniaorkesteri)
  • 指揮:サカリ・オラモ(Sakari Oramo)

ベルゲン、グリーグホール(Grieghallen)から生中継(ベルゲン芸術祭より)

ネーデルランド・オペラの新作は、是枝裕和監督の映画(邦題『ワンダフルライフ』)の台詞に音楽を付けてオペラにしたものらしい。映画を見ていないので、どういう内容かわからないが。作曲者の名前がアー(Aa)というのもすごいなぁ。どうやら同世代らしい。

2006-06-02 19:30-22:30 (2006-06-03 02:30 JST) RADIO4-NED

  1. ミシェル・ファン・デル・アー(Michel van der Aa):After Life(初演)
  • Roderick Williams, Richard Suart, Margriet van Reisen, Yvette Bonner, Claron McFadden, Karl Daymond, Mitchell Sandler, Helena Rasker
  • Asko Ensemble
  • 指揮:Otto Tausk

アムステルダム、Muziekgebouwから生中継

鍵盤曲とオペラで知られるガルッピ。今年生誕300年だそうだ。

2006-06-02 19:30-21:45 (2006-06-03 02:30 JST) oe1

  1. ガルッピ:L'inimico delle donne
  • Filippo Pina Castiglioni, Marina Bartoli, Elena Bertuzzi, Silva Pozzer, Tania Lombardozzi
  • L'Opera stravagante
  • 指揮:Ivano Zanenghi

Stift Melk, Kolomanisaalから生中継 (Internationale Barocktage Stift Melk 2006より)

そしてアニバーサリーイヤー筆頭モーツァルトの超有名曲

2006-06-02 20:00-22:00 (2006-06-03 03:00 JST) RTSI

  1. モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」KV492 (コンサート形式)
  • 伯爵:Paolo Coni
  • 伯爵夫人:Anna Laura Longo
  • スザンナ:Anna Rita Taliento
  • フィガロ:José Carbò
  • ケルビーノ:Laura Polverelli
  • マルチェリーナ:Annarita Gemmabella
  • バルトロ:Bruno Taddìa
  • バジーリオ:Mario Bolognesi
  • クルツィオ:Mauro Buffoli
  • バルバリーナ:Anna Malavasi
  • アントニオ:Gian Luca Ricci
  • スイス放送合唱団(Coro della Radio Svizzera)
  • スイス・イタリア語放送管弦楽団(Orchestra della Svizzera Italiana)
  • 指揮:Diego Fasolis

ルガーノ、Palazzo dei Congressiから生中継(ルガーノ・フェスティバルより)

後半がブラームスの1番と書いてある局もあるが、それだとだいぶ違ったプログラムになるな。まぁ、お膝元のザール放送もショスタコーヴィチとあるので間違いないだろう。このオケのショスタコーヴィチ5番は、昨年秋にヘルビッヒとの演奏を聴いた。バストロがとてもぶりぶり吹いて気持ちよい演奏だった。ただ、Tub.との五度のバランスが逆になるのはどうしたものかとも思ったが。もともと、パワフルなバストロの確率が高いオケなので、今日も楽しみ。

2006-06-02 20:04-22:30 (2006-06-03 03:04 JST) SR2-Kultur, MDR-FIGARO, DRadioKultur, FranceMusique

  1. ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」
  2. ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調作品47
  • ザールブリュッケン放送交響楽団(Rundfunk-Sinfonieorchester Saarbrücken)
  • 指揮:チョン・ミョンフン(鄭明勲)

ザールブリュッケン、Congresshalleから生中継

いよいよ、アニマ・エテルナのグリーグを聴くことが出来る!低音質の局のため、音色は楽しめないだろうけど、雰囲気は伝わるか。

2006-06-02 20:05-22:00 (2006-06-03 03:05 JST) Bayern4

  1. リスト:交響詩「レ・プレリュード」
  2. グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調作品16
  3. チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調作品36
  • Klav.Rian de Waal (Fortepiano Bechstein 1870, Collection Jos van Immerseel)
  • アニマ・エテルナ(Anima Eterna)
  • 指揮:ジョス・ファン・インマゼール(Jos van Immerseel)

レーゲンスブルク、三位一体教会(Dreieinigkeitskirche)から生中継(Tage Alter Musik Regensburg 2006より)

最後に、生中継ではないが注目演奏会から。演奏も前日分だし。ヒズ・マジェスティーズ・サックバット&コルネットは古楽器による金管アンサンブル団体。ガブリエリなどには理想的なバランス。(現代楽器のトランペットは強すぎるので、イメージが全然違う)

2006-06-02 19:30-21:15 (2006-06-03 02:30 JST) SR-P2

  1. G.ガブリエリ、スウェーリンクの作品から
  • 演奏:ヒズ・マジェスティーズ・サックバット&コルネット(His Majestys Sagbutts & Cornetts)

2006-06-01, ストックホルム, ドイツ教会(Tyska kyrkan)にて収録 (ストックホルム古楽祭2006より)

posted by あさがら at 20:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■世界のホールから:今日の生中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。