2004年12月24日

ヨーロッパ放送連盟(EBU)によるクリスマス・コンサート連続中継

12/19は待降節第4主日(クリスマス直前の日曜日)ということもあり、ヨーロッパ放送連盟(EBU)共通の番組として、EBU加盟のヨーロッパ諸国(+カナダとアメリカ)からクリスマス・コンサートの中継がありました。
約1時間づつ各箇所に枠が設けられ、それぞれ思い思いの曲を演奏する、という趣向。会場も歴史的建造物や放送局コンサート・ホールなど様々でした。
全体としては、
[a]ベルギー,ダム,市庁舎から
[b]ラトヴィア,リーガ,ブラックヘッド・ギルドから
[c]ブルガリア,ソフィア,ブルガリア放送局から
[d]フィンランド,ヘルシンキ,教会から
[e]スウェーデン,ストックホルム,ベルワァルド・ホールから
[f]チェコ,フラデツ・クラーロヴェー,聖アントニーン教会から
[g]ルーマニア,ブカレストから
[h]ハンガリー,コダーイ音楽院から
[i]ポーランド,ワルシャワ,ポーランド放送ルトスワフスキ・コンサート・スタジオから
[j]ドイツ,ミュンヘン,シュバービング,聖ヨゼフ教会から
[k]カナダ,モントリオールから
[l]ノルウェー,オスロ,コンサート・ホールから
[m]アメリカ,カリフォルニアから
となっており、たとえばBayern4はすべて13時間に渡って放送しましたし、DR-Klassisk,SR2-Kultur,SR-P2などはいくつか選択して生中継しておりました。
やはり合唱ものが多く、時代も様々で楽しめました(まだ全部は聴けていない)。個人的には、モントリオールで演奏したアンサンブルのナチュラル・トランペットの音色がすばらしいのが印象に残っています。
なお、12/25にもNRK-AKやMusiq3で同じものが(やはり選択して)放送されるようです。そして、METのカーチャ・カバノヴァ生中継に続くと。
posted by あさがら at 12:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■世界のホールから:聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。