2004年03月17日

ベートーヴェン交響曲第5番を確認

3/8付けのマリス・ヤンソンス+バイエルン放送交響楽団ライヴにて、ベートーヴェン交響曲第5番の終楽章のことを書いた。その後スコアを確認してみたら、トロンボーンパートは細かく書き分けていた。最初の2小節間は付点4分音符+8分休符。次の2小節間は普通の2分音符(これを強調してスラーっぽくしていたようだ)。次の2小節はまた付点4分音符+8分休符。
つまり、ヤンソンスの指示は、思いつきではなく(思いつきでもかわないのだが)根拠があるものだった。この曲は内輪の演奏会で一度吹いたきりなので、覚えていなかった(気付いてなかったか?)


posted by あさがら at 09:44| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■世界のホールから:聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。