2004年04月20日

『愛し君へ』開始

さだまさしは意識せずに見れた。まあまあ良さそうだけど、この枠(フジ月9)に求められるものとしては大丈夫なのだろうかと心配にもなる。数字とれなくて短縮とかならなければ良いが…。
岡田義徳役の死はまだまだ引きずられそうだし、それに藤木直人役の死の陰がオーバーラップしてくる。さらに菅野美穂役の母親の死も何かありそうに、ちょっとだけほのめかされていたし。これだけ暗いと、うまくまとめるのが大変そう。
恥ずかしながら、森山直太朗の歌をじっくり聴くのは初めてだったりするのだが、癖のありすぎる発音は、合う曲想の幅を狭めているのがもったいない。なぜか、カルロストシキを思い出した。


posted by あさがら at 13:10| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。