2004年11月30日

ニコラウス・アルノンクール指揮コンセルトヘボウ管弦楽団/Bar.クリスティアン・ゲルハーエル

11/28の深夜にRadio4(オランダ)にて放送されたもの。

  1. ベートーヴェン:コリオラン序曲 作品62
  2. ドヴォルジャーク:聖書の歌 作品99
  3. シューマン:交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」
  • Bar.クリスティアン・ゲルハーエル
  • ニコラウス・アルノンクール指揮
  • コンセルトヘボウ管弦楽団

[2004-11-24,アムステルダム,コンセルトヘボウ]

アルノンクールの「ライン」は初めて聴いた(*)気がする。もうお馴染みの語法で、 音を切るだけではなく時にはテヌートで強調して変化を付けている。

コンセルトヘボウ管弦楽団はVn.両翼配置だったり、ティンパニは固めの音をしているが、 昨今のナチュラルトランペット使用や弦のノンヴィヴラート多用の風潮からすれば、音の刺激は少な目。しかし、 早くからアルノンクールと共演して、古楽的な奏法にも(そしてアルノンクールにも)慣れており、そういう安定感はすばらしい。たとえば、 ウィーン・フィルがラトルの古楽的アプローチも含めた指揮とがりがりやり合っているのも、それはそれで面白いが、 指揮の意図がよく現れた演奏は聴きごたえがあると感じた。

(*) アルノンクールとヨーロッパ室内管弦楽団のシューマンは2番や4番(初稿)は良く聴いたが、ラインの印象がない。 全集のつもりだったけれど、違ったのかなぁ。

posted by あさがら at 03:08| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■世界のホールから:今日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。