2005年12月15日

■今日の生中継(20051215) Musiq3,FranceMusiques,RTSI,DR-P2,Deutschlandradio Kultur,RadioTre,BBC3

最近、仕事も家庭も趣味も忙しく更新してなかった。少し落ち着いたので再開。特に娘はいろいろ変わってきているので、記録しないと。

ということで、まずは木曜なので演奏会中継から。リンドベルイの吹き振りは聴き逃せぬ。

最初は、20:00 [2005-12-16 04:00 JST]に、Musiq3(ベルギーのフランス語放送)にて放送される、salle philharmonique, Liegeでの演奏会。レヴィンとの古典とブリテンとが同時に楽しめそう。

  1. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15
  2. C.スコット:ネプチューン
  3. ブリテン:歌劇「ピーター・グライムズ」から4つの海の間奏曲 作品33a
  • Klav.ロバート・レヴィン(Robert Levin)
  • リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団(Orchestre Philharmonique de Liège)
  • 指揮:パスカル・ロフェ(Pascal Rophé)

同じく、20:00 [2005-12-16 04:00 JST]に、FranceMusiques(フランス)にて放送される、シャンゼリゼ劇場(Théâtre des Champs-Elysées)での演奏会。ヴラディーミル・ユロフスキーの代役でイェンセンが登場とのこと。

  1. シュニトケ:真夏の夜の夢(ではなくて) (K)ein Sommernachtstraum
  2. シューマン:ピアノ協奏曲イ短調作品54
  3. ショスタコーヴィチ:交響曲第6番ロ短調作品54
  • Klav.エレーヌ・グリュモー(Hélène Grimaud)
  • フランス国立管弦楽団(Orchestre National de France)
  • 指揮:エイヴィン・グルベルグ・イェンセン(Eivind Gullberg Jensen)

スイスからも、20:00 [2005-12-16 04:00 JST]にRTSI(スイスのイタリア語圏)にて放送される、ルガーノはPalazzo dei Congressiでの演奏会。ホリガーのシューベルト交響曲はどんなだろうか。

  1. ラヴェル:マ・メール・ロワ
  2. Sandor VERESS:クラリネット協奏曲
  3. シューベルト:交響曲第5番変ロ長調D.485
  • Cl.Fabio Di Casola
  • スイス・イタリア語放送管弦楽団(Orchestra della Svizzera italiana)
  • 指揮:ハインツ・ホリガー(Heinz Holliger)

本日の一押し。20:00 [2005-12-16 04:00 JST]にDR-P2(デンマーク)にて放送される、デンマーク放送コンサートホールでの演奏会。スーパートロンボーンプレーヤーのリンドベルイは最近指揮や作曲の機会が増えてきた。サンドストレムの曲はCDでおなじみの皮の繋ぎを、実演でも着て演奏していたが、本日は指揮もあるのでどうだか(いずれにせよ見えないが)。

  1. サンドストレム:バイクでのツーリング(オートバイ小旅行)(A short Ride on a Motorbike)
  2. サッリネン:コラーリ(Chorali)
  3. ターネジ:クイック・ブラスト(A quick Blast)
  4. ヴァレーズ:アンテグラル(Integrales)
  5. B.セーアンセン(Bent SØRENSEN):ヴィネタの鐘(Bells of Vineta)
  6. ヴァイル:小さな三文音楽(Kleine Dreigroschenmusik)
  • Trb.指揮:クリスチャン・リンドベルイ(Christian Lindberg)
  • デンマーク放送交響楽団(DR Radiosymfoniorkestret)

20:03 [2005-12-16 04:03 JST]にDeutschlandRadioKultur(ドイツ)にて放送される、ベルリンはフィルハーモニーでの演奏会。

  1. ウェーベルン:9つの楽器のための協奏曲作品24
  2. ストラヴィンスキー:詩編交響曲
  3. チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64
  • ベルリン放送合唱団(Rundfunkchor Berlin)
  • ベルリン・フィル(Berliner Philharmoniker)
  • 指揮:ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim)

20:30 [2005-12-16 04:30 JST]にRadioTre(イタリア)にて放送される、トリノはLingottoでの演奏会。ノセダの古典もなかなか面白い。客演のこのオケでもどこまで出来るか楽しみ。

  1. グルック:バレエ組曲「ドン・ファン」
  2. モーツァルト:交響曲第38番ニ長調KV504「プラハ」
  3. ハイドン:交響曲第103番変ロ長調「太鼓連打」
  • イタリア国立放送交響楽団(Orchestra Sinfonica Nazionale della RAI)
  • 指揮:ジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)

最後は、19:30 [2005-12-16 04:30 JST]にBBC3(英国)にて放送される、バーミンガムはSymphony Hallでの演奏会。ダウスゴーがニールセンで客演。

  1. ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲作品56a
  2. シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調作品47
  3. ニールセン:交響曲第3番「シンフォニア・エスパンシーヴァ」作品27,FS.60
  • Vn.ギル・シャハム(Gil Shaham)
  • Sop.Rachel Nicholls
  • Bar.Jeremy Huw-Williams
  • バーミンガム市交響楽団(City of Birmingham Symphony Orchestra)
  • 指揮:トーマス・ダウスゴー(Thomas Dausgaard)
posted by あさがら at 20:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■世界のホールから:今日の生中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。